二川ふれあい地域づくり委員会

メニューを開く

芦雄神社(あしおじんじゃ)

創立は定かではありませんが、石燈篭に「文政5年(1822)6月吉日」とありその前の寛政年間に創立されたと考えられています。「足の病を治してくれる」とされ、年間数千人の信者が参列していました。
祭神は「足名椎命(あしなつちのみこと)」、少し離れて「手名椎命(てしなつちのみこと)」。

一覧に戻る