二川ふれあい地域づくり委員会

メニューを開く

黒杭神社(くろくいじんじゃ)

創立は明治42年(1909)。貴船社と立川社が合祀されて、黒杭神社となりました。続いて大正2年(1913)、藤森の建部神社に合祀され、現在の黒杭神社となりました。
昭和30年(1955)の湯原ダム建設で故郷の風景が大きく変わる中、水没をまぬがれた黒杭神社は、かつての風景を想わせる大切な心のよりどころとして、多くの住民に親しまれている神社です。

一覧に戻る