二川ふれあい地域づくり委員会

メニューを開く

『Uターンしてクリスマスローズ栽培』片山雅博さん(種地区)

片山雅博さん

片山雅博さんは、二川の種地区に住んでいます。19歳でUターンしてから16年間クリスマスローズの栽培を二川でされています。クリスマスローズとは、ヨーロッパ原産の花の通称で花の少ない冬の12月末クリスマスの頃に花を咲かせることから「クリスマスの頃に咲くバラ」という意味で「クリスマスローズ」というそうです。

クリスマスローズ栽培を始めたきっかけを尋ねると、やっている人がいなくて売れそうだったから…と単純な回答。しかし、始めたばかりの頃はうまくいかず花特有の病気にも悩まされ苦労されたそうです。徐々に二川地域の使われなくなったトマトのハウスをもらってきたりして栽培数を増やし、今では年間約2万株の出荷をされています。

「二川には豊かな自然と水はけのよい土地があったことが、Uターンして農業を始めようと思った理由」と笑って、自分は運が良かったと話をされていました。

田舎には職がないとよく言われますが、地元の良さを再確認すれば可能性は沢山あるのだと感じました。

(2017/12/15)

一覧に戻る