真庭市交流定住センター

メニューを開く

西本 浩史

H31年4月、真庭市地域おこし協力隊に着任。
旧真庭郡落合町(現真庭市)出身。華の59年生まれ
真庭市交流定住センターのセンター長、池田恭子は実の姉です。

以前は、北海道の特別支援学校の寄宿舎で指導員をしていました。
協力隊としてはこれまでの経歴を活かして、障害児者、高齢者、子ども達を繋ぐ福祉分野で活動をしたいと思っています。もちろん他分野での活動も協力隊として行っていくつもりです。
 
知り合いが誰もいない土地で自分の力を試してみたいと思い、大学進学をきっかけに北海道へ渡る。社長になりたいという夢を捨てきれず、妻と二人の娘と共に14年住んだ北海道を離れ、真庭へUターンし、真庭市地域おこし協力隊に着任。協力隊任期後の起業を目指しています。


趣味はアウトドア全般(釣り、登山、キャンプ等)と小物作りとスポーツ観戦
インドアとアウトドアを上手く使い分けて楽しく生活しています。


『誰もが明日を楽しみに迎えられる街に』をテーマに真庭に住む人達が明日を楽しみにしながら生活できるような活動を協力隊員としていけたらいいなと思っています。
真庭に生まれながら真庭のことがあまり詳しくないので、たくさんの方と繋がって、たくさんのことを教わりたいと思っています、街で見かけたら是非声をかけてやってください。よろしくお願いします。

 

一覧に戻る