真庭市交流定住センター

メニューを開く

橋本隆宏

ドラマはいつも「いきなり」起こる出会いから始まります。
いきなりロミオがジュリエットに出会ってから、突然どんぶらこどんぶらこ川に流れてきた桃を掬ってから、ワクワクドラマは始まります。

続きの話が気になる、この前後の脈絡もない出会い。
今日私が紹介する人物もいきなり、突然どんぶらこどんぶらこっと真庭に現れました。

橋本隆宏(はしもと たかひろ)さんは、なんと現役大学生です。
名門の東京大学の法学部に入学し、志を持って農学部に専攻を変えた彼、
大学を休学し2017年の5月から真庭市の協力隊になりました。

ここまで聞いたら、’なんでわざわざ?’と聞いてみたくなりますよね。
橋本さんが真庭で一番聞かれている初質問が、その’なんでわざわざ?’だそうです。

でも彼はわざわざという感覚はなかったようです。’真庭の協力隊に面白そうなことがありそう’と思い、私たちの仲間になってくれました。

この前後の脈絡もない出会い、なんか面白い話が展開されそうですね!
まだ、着任して間もない頃でも、行動派の彼は沢山の新しい出会いをプロデュースしていました。


((’TEDxUTokyo2017’で真庭の地酒・ワインを紹介。東京と真庭の出会いです。(写真左))


7月16日は、橋本さんのホームグラウンド、東大の安田講堂で行われた
’TEDxUTokyo2017’で、真庭市のブースを出して、ひるぜんワイン、辻本店、落酒造、
大美酒造のワインやお酒を紹介してくれました。

TEDはアメリカから始まった知識共有型プレゼンテーションイベントで、世界から沢山のファンを持っています。
私もTEDのウェブサイトで色んなプレゼンテーションを良く観ていましたので、最も知的な場所で真庭が紹介されることを聞いて、とてもワクワクしました。

そして2017年夏、彼は更に’以外の出会い’を企画しています。

大学生と真庭をつなぐ、「真庭夏合宿」!

漠然とした「地域」ではなく、そこに住んでいる「人」と大学生たちを直接つなぐ。
何日間の合宿で、何ができるかと思うかもしれませんが、ドラマはこれからです!



真庭の「人」と大学の「人」を繋げようとする彼が作ってくれる「以外の出会い」は、
皆さんを観客ではなく、ドラマの出演者として誘っています。

出演希望者の皆様、橋本さんを見かけたらぜひ応援のお声をお掛けください。
文章ではお伝えすることができない爽やかな笑顔で迎えてくれると思いますので!


 一生モノのつながりを真庭でかなえましょう(写真右)



この記事は元真庭市地域おこし協力隊のカンが書きました。

一覧に戻る