岡山地域おこし協力隊ネットワーク(OEN)

メニューを開く

災害からのまちづくり座談会〜西日本豪雨・中越地震・九州北部豪雨〜

2018.08.04


7.6-7.7にかけて起こった西日本豪雨を受けて、岡山では多くの被害が出ました。まだまだ各地で現在進行形で復旧活動も行われています。
岡山県内でも被災地や被災地周辺の地域おこし協力隊が、高梁市、笠岡市、矢掛町、井原市、岡山市北部で活動しています。
笠岡では、初期の個別訪問、ニーズ把握やボランティア受け入れ
矢掛では小田地区の個別見回りと支援物資の配送、
井原では土砂撤去
岡山市では避難所対応と住民との振り返り、農業支援などです。個別ニーズ拾い上げ、行政に伝達する役割も担っており、被災していない地域の隊員が被災地へ隊員がもつ地域のニーズを拾ってボランティアとして軽トラなどで応援に行ったりしています。


ボランティア活動、避難所対応、個別ニーズの拾いあげなど活動する中で、これから先の動きを見据えた活動をしていきたいという声もあり、どのように災害からマチが復旧し変わっていくのかを考えたいと思いました。
中越地震や九州北部豪雨など先に被災している地域の方々を迎えて、災害後のまちづくりについて話を聞き、意見交換会をしたいと思います。
中越地震の際に被災した山古志村、九州北部豪雨や熊本地震で被災した日田市の村々の話、そして今回の西日本豪雨の話を合わせて、
語りましょう。奮ってご参加ください。

【日程】
8月19日 18時〜20時
【場所】
庄屋屋敷とくら(笠岡市山口1805)
【対象】
関心ある方はどなたでも!
協力隊・自治体関係の皆さまは是非!
【ゲスト】
中越防災安全推進機構:稲垣文彦氏
日田市地域おこし協力隊OB:河井昌猛氏
日田市地域おこし協力隊:矢羽田健太
【申し込み】
FBイベントページ参加ボタン
もしくは電話↓
090-7894-4942(藤井)
 

一覧に戻る