腕前はほんとうに素晴らしいですね。何か秘密が

メニューを開く

柱は「きへん」に「あるじ」と書きます。家を作るうえで、まさに柱は「木のあるじ」となります。柱がどれだけしっかりしているか。どれだけ職人に鍛え抜かれた柱であるか。
池本木工所には、大工の道50年以上。柱を知り尽くした職人がいます。
木材をボルトでつなぎ合わせるようになる前から、ボルトを使わずに手作業のみで柱を鍛え、削り、組んできました。その家や学校は、今でも真庭に住む人たちの暮らしを優しく守っています。



大工はもちろん、建築士や左官屋、瓦屋など。いくつもの業者が入って、ひとつの家ができあがっていきます。その時に大切なことは、「みんなが同じ完成のイメージを持っている」ことです。
大工だから木を削るだけ。建築士だから設計をするだけ。それだけでは足りません。
池本木工所の職人、池本は二級建築士の資格を持ち、大工の技術だけではなく、図面も描くことができます。
池本が作る家。それは完成のイメージがぶれないのです。