腕前はほんとうに素晴らしいですね。何か秘密が

メニューを開く

人生 大工の旅日記3

2014.06.12

前回の指矩に続いて今回は墨壷お話を簡単にします。
大工道具で1番大切なのが墨壷です。
大工道具で国宝に成っているのは墨壷ですだけです。
墨壷にも色々な種類がありますが昔は尻割れ型が
主流でしたが最近は1本の木をくり抜いて糸車を
はめ込んで使っています。現代ではプラスチックの
改良型が使われていますが、使いかっては木の方が
良いようです。家を建てる時の仕事始めには棟梁が
最初に材木に墨壷と墨差しで墨をつけます

  • 木の墨壷と竹の墨差しです。 板や丸太に直線を引きます 竹の墨差しでは直線や文字をかきます 墨差しで書いた書道展でも計画すれば 大工さんが指導します。??

  • 壺の中にはむかしは真綿が入っていた 今はスポンジです。炭は専用の削り炭です 程良く溶けて長持ちがする 今は墨汁ですが あまりよくない(・へ・)

  • 日曜大工や休日大工の皆さん今日から 自分の家を建てる事にしよう むかしは 大工の棟梁が板に図面を書きました いまは子供がパソコンでかきます  左の写真はわたくしがかきました 重要 住宅を建てるには資格有る事業所 におねがいしてください。

  • 完成間近のげんばです

  • 廃材に新しい命を 建築廃材で作りました 高さが低いので安全に使用出来ます 材料の切れ端で色々な事ができます 頑張れ日曜大工さん

  • 足場を解体しています、 この家も無料CADソフトで書きました 設計 書類作成などは 池本木工所 2級建築士事務所で施工管理も含めて おこないました、

  • 下水道断面図です 改造工事や増設のとき有ると便利です

  • 私のアルバムから

一覧に戻る