悠悠 ~ひるぜんの焼きそば~

メニューを開く

一期一麺 

ご当地グルメブーム以降、悠悠には、多くのお客様が、全国各地からお越しいただくようになりました。
遠方から、当店を目指して、わざわざお越しいただく方もいらっしゃいます。
(大変ありがたいことです…)

まさに「一期一会」。
蒜山の地にお越しいただいた思い出を、悠悠がお手伝いできれば。
一生に一度きりの機会かもしれないと心得ながら、お迎えさせていただいております。


実は、「ひるぜんの焼きそば」をつくるときも、「一期一会」いや、「一期一麺(いちごいちめん)」です。

鶏肉、野菜、麺を炒め、タレをからめる。

一見、単純な作業のようですが、麺の状態や数、鉄板の火力によって、味は変化していきます。

当店の鉄板では、最大12人前の麺を焼くことができますが、注文数に応じて、焼き方を変えていかなければなりません。

大ぶりな鶏肉は、低い温度でじっくり火を通すことで、中がジューシーになります。
玉ねぎとキャベツは、シャキシャキ感を残すために、強火で素早く炒めます。
地元の製麺所さんに作っていただいているコシの強い太麺を、もちもちの食感を残しながら、表面をよく焼きます。
そして、最後に秘伝の「みそダレ」をからめます。
塩コショウなどの下味はなく、タレ一本の味付けなのです。
タレは焦げやすいですが、ギリギリまで炒めて、香ばしさを引き出します。

一麺一麺、鉄板と向き合いながらの、真剣勝負です。
大変、奥が深いです。


一麺入魂一所懸麺

「うまい!」「おいしい!」とご満足していただける焼きそばを目指し、日々、努力していきたいと思っております。

一覧に戻る