悠悠 ~ひるぜんの焼きそば~

メニューを開く

炎上騒動 ~ポイ捨てゴミはよく燃える~ ④

2017.05.17

※ 
  前前々回の記事➀は、コチラ
  前々回の記事➁は、コチラ
  前回の記事③は、コチラ

その④になりました。

続けます。

初期消火が功を奏し、
延焼することは、防げました。


その翌朝、
批判をされたY様から、
こんなコメントが入りました。


「あのね、行列が出来て人気があるならそれは素晴らしい事なんですよ! 
でも吸い殻ポイ捨て、ゴミ散乱する人間は何処にでも居ると思うよ。 ポイ捨て、ゴミ散乱する客の前後に並ぶマナーを守るお客は嫌な思いをして並んだと思う。 並んでまで食べたい! って人気の店ならマナーを守って並んで待つ人の為にマナーを守らない人への対策を考えて欲しいです。

行列の出来る人気があるなら人は集まります。 努力されたから拘りがあるから人気の店になったと思う。 でも身体の悪い人や障害のある人は長時間並ぶ事が困難な方も居られます。 お客の中にはそんな人も居ますよ。

マナーの悪い客は来なくて結構と言うよりマナーを守らす様なお店になって頂きたいけどねぇ…

障害のある人や身体の悪い人が並ぶより楽な事と思いますよ。

Facebookの友達が貴店を気に入っていてよく貴店の投稿を拝見していますが貴店にはもうワンランク上の鷹飛車なお店になって欲しいです。」


 (原文ママ)



私は、こう返しました。



「愛あるコメントありがとうございます。

さらに高飛車になりたいと思います。

ちなみに、
当店は長時間列に並んでいただいておりません。
発券機を用意し、順番をメール等でお知らせするシステムです。

その間の時間は、観光地を巡ったり、車中で過ごす等は自由です。」




正直、事実と違うことも多く、
言いたいことはいろいろありました。

福祉現場に勤めていた経験からも、
障碍(がい)への言及に関しても、
お伝えしたいこともありました。

しかし、反論したところで建設的なことは生まれにくいと感じました。

何より、
言い争いを目にしても、
不快な思いしか残らない、
と判断したからです。

そう思い、
上記のコメント程度でとどめることにしました。



そんなことを書いた次の日、
近所のお寺に、
こんなお言葉が貼られてありました。


「あんたが悪いと
 指差す三本は
 自分に向いている」




(つづく)

 →その⑤
 

一覧に戻る