悠悠 ~ひるぜんの焼きそば~

メニューを開く

6.26 ロクテンニーロク 湯原

2014.06.25

ワールドカップ、日本代表は、残念な結果に終わりました。
しかし、国を代表し、たいへんな重圧を背負って闘った若き選手たちは、本当にすごいです。
いろいろな課題はあるでしょうが、本当にお疲れ様でした。
4年後の飛躍を、悠悠は、勝手に期待しています!

さて、日本が敗れた翌日は、6.26です。

この地方では、この日を「6月26日」ではなく、「6.26(ロクテンニーロク)」と言います。
それは、まるでプロレスファンが、1月4日※のことを、1.4(イッテンヨン)と呼ぶくらいの、特別な日なのです。

果たして、その理由とは…。

6  .  2  6は、
ロ・テン・ブ・ロ で、「露天風呂の日」なのです。

真庭市湯原温泉は、露天風呂番付・西の横綱の名湯です。
毎年6.26には、早朝6時26分の御湯取りの儀にはじまり、露天風呂の大掃除や全国温泉サミット、町内旅館やホテルの内湯を開放するなど、様々な企画が盛りだくさんな一日となります。
蒜山とともに、そんな遊び心ある湯原温泉に、ぜひお立ち寄りください。

http://www.yubara.com/event/event-furo/





あっ、ちなみに、プロレスファンにとっての6.26は、昭和51年の6.26
日本武道館にて行われた、アントニオ猪木対モハメッド・アリ戦が、挙げられます。
ちなみに、今までビデオ化もされなかった幻の一戦が、初DVD化として、同日発売されます。
プロレスファンの方、要チェックですよ!
http://weekly.shueisha.co.jp/moero/new.html


※毎年1月4日は、新日本プロレスが、東京ドーム大会を開催。プロレスファンにとっては、初詣のような日である。
  • 朝もやに包まれた、湯原温泉砂湯です。 24時間無料で開放されております。 湯原ダムを見上げる、圧巻のロケーションの露天風呂です。 6.26には、この湯の大掃除が行われます。

  • 露天風呂番付です。 並み居る名湯を抑えて、堂々の西の横綱として、存在しております。

  • そして、 再び登場。 子どもから、大人まで楽しめる、観光スポットです。 このように隠さなくても、女性でも安心して、入浴できる湯あみ着も開発されております。

  • 毎度しつこいですが、 湯上りには、悠悠で、ラムネをどうぞ。

一覧に戻る