悠悠 ~ひるぜんの焼きそば~

メニューを開く

旧遷喬尋常小学校「なつかしの学校給食」リポート➁

2014.07.01

まずは、「なつかしの学校給食」に参加することになった経過をお伝えします。

悠悠の鉄板(ラムネ)担当せいちゃんは、久世(旧久世町)出身です。
今春、24年ぶりに、県外から、真庭市にUターンして帰ってきました。
そして、久しぶりに会う四十路の同級生との酒の席で、「みんなで行こう!」ということになりました。
地元にいると、なかなか、行く機会がないものなのです。

原則土日ですが、人数を集めれば平日も可能とのことで、急きょ多方面に声を掛けてもらいました。
その結果、なんと、われわれの親世代の参加者も同時に募ることができました。

総勢25名。
クラスとしては、まずまずの人数です。

6月30日(月)11時半、現地集合。
まずは、挨拶もそこそこに、男子(あえて言います)は、詰襟の学生服、女子(あえて!)は、セーラー服に着替えます。
ここは、小学校の校舎なのですが、雰囲気は大事です。
この制服も、先日トンボ学生服さんから寄付をいただいたものだそうです。
コスプレを期待していましたが、意外にも、その場にいると、みなさんしっくりくるものです。

今回の参加者の多くは、遷喬小学校出身者でしたが、中には、市外から、観光で来られた方もいらっしゃいました。
年齢、性別、出身を問わず、子ども時代に戻り、教室に入ります。

そこには、地元のテレビ局が、取材に来ていました。

(つづく)
  • 外観その2 左右対称の、シンメトリー。 一階が、教職員の玄関、二階中央部分が、講堂となっています。

  • らせん階段。 いったい何人の児童が、この階段を走り回ったのでしょうか。 明治、大正、昭和、平成と、24年前まで現役だったのです。

  • 二階講堂内部。 洋風格(ごう)天井。 ぴかぴかに磨かれた床のあたたかさ。 一列になって、一斉にぞうきんがけをしたのを思い出します。 訪れると、しばらくたたずみたくなる場所です。

一覧に戻る