韓国出身カンさんが見た心躍る50のコト 第23話


スマホの正しい使い方

インターネットがなかった時は、どう生きていたんだろう。
欲しいものがあっても、
困ったことがあっても、
今はスマホを開けて調べるのがほぼ本能のようになっている。

協力隊として活動することが決まり、
真庭市で家を探していた頃は、まだ東京で仕事をしていた。
当然ネットで家を調べていたが、
びっくりするぐらい家がない。
びっくりするぐらい情報がない。
家から50メーターも離れてないお店も
ネットで調べて分かるくらいの私としては
これからどうなるんだろうと思ったことも事実。

しかし、来てみたら
みんなスマホをとてもスマートに使っていた。
最近のエピソード、
豆農家の千崎さんがシェアハウスにきてくれた。
初めてお会いし、色んな話をしている中、
いつかシェアハウスの庭にある石を全部取り出して
誰でも入れるガーデンを作りたいと話した。
千崎さんがスマホを出して、
電話を掛けた。
2時間後、
ユンボとダンプを借りてきた千崎さんが、
庭の石を全て持って行ってくれた。
また山崩れで大量の土で困っている方から
土を持ってきてくれて整地まで完了。
そしてまたスマホを出した。

’楽天で一袋700円で芝生のタネを売っているから、
それ3個買って蒔いてね。’

なんとスマートなスマホの使い方なんだろう!

たった電話2本でユンボとダンプが!

楽天で買った芝生を蒔く予定

石がなくなったところはまだ何もないけど、広く自由に遊べる!

 

韓国出身カンさんが見た心躍る岡山の50のコト 第24話をお楽しみに