真庭市交流定住センター

メニューを開く

交流定住センターについて

交流定住センターの機能

交流定住とは

真庭市交流定住センターが担う「交流定住」とは?

交流-Exchanges-
■真庭市内の地域間交流
 ・旧町村が垣根を越えて人材交流を行い、真庭の魅力を最大限に発揮していきます。
■都市間交流
 ・真庭の可能性を市外の方に知っていただき「真庭ライフスタイル」を全国的に広げていきます。


定住-Settlement-
少子化と過疎化が進む真庭での社会増を目指し、市外での相談会で真庭の生活スタイルや環境をアピールします。
また空き家の活用提案や地域づくりのお手伝い、移住者と地域の方との懸け橋となるサポートを行います。

機能イメージ図

スタッフ紹介

センター長 元井 哲也

元井 哲也

元井 哲也(もとい てつや)
 はじめまして!
 センター長兼 移住相談業務担当 元井です。
 37歳 家族構成は、愛妻 息子(3歳) ・娘(0歳)
 趣味は、木のおもちゃ作り 釣り キャンプ 映画鑑賞 バイク 車 
 特技は、鶏の解体です。

 前職は、地元湯原で養鶏業をし放し飼い卵と『湯原温泉ゆけむり地鶏』を
真庭市の特産品として売り出す仕事をしていました。

 その仕事を通して沢山の地元の人と知り合い、沢山の人に助けられました。
 今まであまり地元の付き合いのなかった私に親身になってくださった方々に
どうにか恩返しがしたいと思うようになり、自分には何ができるのかと考えるようになりました。

 私は25年ほど前の小学生の時に、兵庫県西宮市から湯原に引っ越してきました。
 今自分が子供を持つ年になって、両親はどんな気持ちで知り合いも誰もいない
湯原に来たのだろうと考え、その経験を移住2世として役立てられないだろうかと思いました。

 今後ますます地方に移り住んでくるかたは増えていくと思います。
 交流定住センターが、そんな方々の真庭を知ってもらうきっかけとなり、
そして移住者の方々と地元の方々をつなぐお手伝いができればと思います。
 

 
 
 

池田 恭子

西本恭子

池田 恭子(いけだ きょうこ)
情報担当。各種データ作成からHP・SNSの制作、管理を行います。

見た目は南方系ですが、真庭生まれの真庭育ち。37歳。
ニックネームは「西本さん」(旧姓です)
地元が好きすぎて(?)真庭に出戻ってきた1児(娘・6歳)持ちのシングルワーキングマザーでした…が2017年2月にめでたく再婚☆

趣味は沖縄唄三線(でも沖縄の血は入っていません。)
歌っていれば機嫌が良い。

ダム萌え、橋梁萌え、工場萌え。

夢は地域コーディネーター、ヤギ飼いになること。


-------
生まれも育ちも真庭市。生粋の真庭っ子です。
大学進学と結婚生活のために10年市外に住んでいた経験があります。

地元を愛し、地元に愛されて、この土地で何か面白いことがしたい、みんなと楽しく何かやりたいと、面白そうな集まりにはいろいろ首を突っ込んで回っています(笑)

みなさんも「自分の身の回りで気の合う仲間と今よりちょっとだけ面白いことをやってみたい」と思っておられるのではないでしょうか。そんなときに交流定住センターとそのスタッフを上手に使っていただいて、いつもの生活にちょっぴりときめきをプラスしてもらえたらいいな。それをお手伝い出来たらいいなと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。