社地域振興協議会

メニューを開く

田井城跡

社口方面(下側)から県社方面を守る戦国時代の山城跡
 
田井城跡 ―たいじょうあと―
 社地域の宇和佐地区から東の本谷地区に向かう際、正面に見えてくる小山が田井城です。築城時期や主体は不明ですが、社地域では長らく美甘氏による築城だと伝えられています。文献資料などでは確認できないため、真偽は不明ですが、美甘氏が拠点としていた竹ノ花集落(本谷地区)からは程近い場所に立地しています。

 遺構の状態や地形から考えて、田井城の東側にある「県社(大社)」、すなわち佐波良・形部神社方面を防御するための城だと考えられています。また、当時の美甘氏の敵対勢力は西側の湯原や久世・勝山方面から来る場合が多かったため、それらの勢力を遮断するために西側の防御を固めていたものと考えられています。
 

 

一覧に戻る