社地域振興協議会

メニューを開く

★大御堂-おみどう-ランドスケープイメージコンペ

岡山県真庭市社地域に存在する歴史的空間を想像するアイデアを求めます

エントリー期間:2022.7/15-8/16 ※作品提出締切日:2022.9/12 


■背景目的
「大御堂(おみどう)」が現存する岡山県真庭市は、2018年6月に「SDGs未来都市」に、また、その取組自体も先導的なものとして全国10事業の「自治体SDGsモデル事業」に選定された地域です。
 
大御堂-おみどう-ランドスケープイメージコンペは、結に基づく地域文化と中世(西暦1000年頃~1600年頃まで)の史跡・田園風景が残る社(やしろ)地域に現存している『「大御堂(おみどう)」=神道(地域)と仏教をつなぐ為の建造物』の創建時を含む当時の原風景を想像し作品化するものです。
 
本コンペを通して、地域文化や歴史を見つめ直し、持続可能な未来集落形成を目指します。また、その先には、「大御堂(おみどう)」にまつわる文化の継承(文化財の保存(維持・改修)・活用)などにつなげていきたいと考えています。


■大御堂-おみどう-とは?
■「大御堂(おみどう)」が現存する岡山県真庭市社(やしろ)地域は、人口197人、世帯人数82世帯。
■10世紀に朝廷で作成された「延喜式」に因む神社が美作国では11社あるが、本地域ではそのうち8社(大社(佐波良・形部神 社)、横見神社、二宮(長田、兎上、壱栗・大笹、久刀神社))が存在し、その神道(地域)と仏教をつなぐ為に建造された「大御堂 (おみどう)」や石造物、城跡など歴史遺産が数多く点在している。
■「大御堂(おみどう)」は約800年前(1185年)に建立されたとも伝わる。※裏面「社歴史年表参照」
■建立期が不確定で「昔、8間四方(約14×14m)だった」というような言い伝えもある。
■岡山県内最古の部材を用いた建造物である。※2018年度の調査により柱の一部は平安後期(12世紀半ば)のスギが使われている。
■昔も今も地域のシンボルである。


■コンペの募集部門・内容および提出物


■エントリーフォームは下記URLからアクセスください。
https://bit.ly/3yx75hH

■応募用紙はこちらからダウンロードください
こちら(Word形式)

■歴史学習プリントはこちらからダウンロードください
▶こちら(PDF形式)

■賞



■審査員
・澁澤 寿一氏(公益財団法人 真庭エスパス文化振興財団理事長/NPO法人「共存の森ネットワーク」理事長)
・前原 茂雄氏(真庭市蒜山郷土博物館館長/中世庄園・村落史)
・江面 嗣人氏(岡山理科大学 建築歴史文化研究センター長・特担教授)
・安西 一憲氏(安西デザインスタジオ代表/ランドスケープデザイナー)
・社地域の方々


●主催:大御堂ランドスケープイメージコンペ実行委員会
社地域振興協議会/一般社団法人勧進プロジェクト/株式会社地域計画建築研究所(アルパック)
●共催真庭市

●協賛企業・団体

真庭市内在住個人寄附者の皆さま

●広報協力
広報協力:公益財団法人真庭エスパス文化振興財団(真庭いきいきテレビ)/真庭印刷工業株式会社(真庭タイムス)
●後援
岡山県教育委員会/一般社団法人岡山県建築士会/真庭商工会

■募集チラシはこちらからダウンロードください
 
▲画像クリックでダウンロードできます

■大御堂へのアクセス

交通詳細は下記から
https://i-maniwa.com/area/yashiro/container/container_detail/index/1368.html

■お問い合わせ
大御堂ランドスケープイメージコンペ実行委員会事務局
E-mail : info_omido@arpak.co.jp/Tel : 06-6205-3600/担当 : 豊福・中川・畑中
〒541-0042 大阪市中央区今橋3-1-7日本生命今橋ビル10F 株式会社地域計画建築研究所(アルパック)大阪事務所内

​■作品提出先
〒717-0406 岡山県真庭市豊栄1515 真庭市湯原振興局 湯原地域振興課 佐山宛

こども部門制作資料「歴史学習プリント」

歴史学習プリントをアップしました(2022.8.16)
ダウンロードはこちらから